サントリーウエルネスの極みの青汁に使われている大麦若葉

サントリーウエルネスの極みの青汁に使われているメイン素材である大麦若葉に関してご紹介したいと思います。

サントリーウエルネスは大手一流企業であるサントリーのグループ会社で、素材に関してもかなりのこだわりがあります。

極みの青汁の主成分は大麦若葉になります。

もちろん、どこで栽培されたものなのか?

誰が栽培したものなのか?と言うのもとても大事ですよね!

極みの青汁の大麦若葉は、主に九州は熊本県の阿蘇地方で、契約農家さんに愛情込めて栽培されています。

サントリーウエルネスの商品開発スタッフは日本全国を歩き回って選んだのが熊本県の阿蘇になりました。

それは、阿蘇地方で栽培された大麦若葉は豊富なビタミンとミネラル、そして食物繊維が豊富だからです。

より栄養豊富な野菜を得るためには、やはり、栽培する土地の土壌が一番大切!

熊本県の阿蘇地方は、大麦若葉を育てていく上で、その土壌や気温、そして雨量や日照時間などが最適な環境なんです。

このような理由から、阿蘇地方が極みの青汁のメイン素材である大麦若葉の産地が選ばれている訳です。

サントリーの極みの青汁に使われているこだわりの素材とは?

サントリーウエルネスという会社は、その名前からもお分かりのように、お酒や炭酸飲料、ビバレッジなどを開発、販売している創業110年のあの大手飲料メーカーのサントリーのグループ会社になる健康関連商品を販売している会社です。

そんな大手飲料メーカーの関連会社ですので、美味しい飲み物を開発するというこだわりは凄いプライドがあります。

そんなこだわりを持っているサントリーウエルネスが自信を持って販売しているのが「極みの青汁」です。

今の世の中、大中小のあちこちの会社が健康食品の分野に参入してきています。

そんな中で信頼度の高いサントリー系の健康食品会社が開発、販売している「極みの青汁」はとても信頼出来て安心して飲める青汁製品になります。

サントリーウエルネスは、「極みの青汁」に使われている素材についても、もちろんこだわりを持っています。

使われている素材の産地や品種、そしてどのようにして栽培されているのか?という農法についても厳選しているのです。

例えば、極みの青汁のメイン素材である大麦若葉は熊本県阿蘇の土壌で栽培されたものがメインになっています。

そして明日葉については、生命力あふれる屋久島の土壌で栽培されています。

また、野菜ポリフェノールで有名なケルセチンを体に吸収しやすくしたケルセチンプラスという成分も配合!

その他、厳しい品質管理体制により高品質の青汁を提供しています。

極の青汁(サントリー)で野菜不足を解消しよう

皆さんは、気が付いていないかも知れませんが、今の野菜は昔の野菜よりも栄養成分が少ないと言われています。

そして、日本人のほとんどは野菜不足に陥っているという報告もあります。

野菜は、日常の食生活の中で摂っているようで、摂れていないのが現状のようです。

厚生労働省は1日350gの野菜を摂取するように私たちに提唱しています。

でも1日350gの野菜を毎日食べるのって続かなそうですね?

野菜不足を補う方法として一番簡単なのは、青汁を飲む習慣を持つことです。

でも青汁を飲み続けるには飲みやすい青汁でなければ長続きできません。

飲みやすい青汁をお探しの方にオススメなのがサントリーの「極の青汁」です。

飲料メーカーであるサントリーが開発した「極の青汁」は、飲みやすいというだけではなく、とても美味しく飲める青汁です。

「極の青汁」の野菜パワーは原材料に使われている野菜である明日葉、大麦若葉、そしてポリフェノールのケルセチンプラスから生み出されます。

使われている明日葉も大麦若葉も、日本国内の選び抜かれた土地に畑を作って栽培されています。

サントリーがこだわっているのは「美味しさ」、そして「安心・安全」。

「極の青汁」は、美味しい青汁を安心して飲み続けたいと願っている方に最適です。