サントリーの極みの青汁に使われているこだわりの素材とは?

サントリーウエルネスという会社は、その名前からもお分かりのように、お酒や炭酸飲料、ビバレッジなどを開発、販売している創業110年のあの大手飲料メーカーのサントリーのグループ会社になる健康関連商品を販売している会社です。

そんな大手飲料メーカーの関連会社ですので、美味しい飲み物を開発するというこだわりは凄いプライドがあります。

そんなこだわりを持っているサントリーウエルネスが自信を持って販売しているのが「極みの青汁」です。

今の世の中、大中小のあちこちの会社が健康食品の分野に参入してきています。

そんな中で信頼度の高いサントリー系の健康食品会社が開発、販売している「極みの青汁」はとても信頼出来て安心して飲める青汁製品になります。

サントリーウエルネスは、「極みの青汁」に使われている素材についても、もちろんこだわりを持っています。

使われている素材の産地や品種、そしてどのようにして栽培されているのか?という農法についても厳選しているのです。

例えば、極みの青汁のメイン素材である大麦若葉は熊本県阿蘇の土壌で栽培されたものがメインになっています。

そして明日葉については、生命力あふれる屋久島の土壌で栽培されています。

また、野菜ポリフェノールで有名なケルセチンを体に吸収しやすくしたケルセチンプラスという成分も配合!

その他、厳しい品質管理体制により高品質の青汁を提供しています。

極みの青汁はどんな人にオススメなの?

青汁を飲み始める人は、概ね、健康を気にしている方がほとんどです。

それは、普段の食生活が外食が多かったり、好きな食べ物がお肉やフライ物だったりして、どうしても偏食してしまって食事のバランスが崩れてしまっていると感じている人達だと思います。

しかしながら、最近の消費者は健康プラスαを求めている人もいるのです。

例えば、「良薬、口に苦し」ではなく、美味しく飲める青汁を探している人たちもいます。

サントリーウエルネスの「極みの青汁」は、単なる「青汁」には満足できない人たちが選ぶ美味しく味わえる大麦若葉と明日葉をミックスした青汁です。

如何に美味しい青汁を開発するか?という事が、サントリーウエルネスの課題だったわけですが、この問題を、昔から日本人に馴染みがある煎茶と抹茶をブレンドすることによって美味しい青汁を創り出すことに成功しています。

サントリーウエルネスは、あの大手飲料メーカーのサントリーの子会社で、しっかりとした商品開発部門があり、優秀なテイスターが存在しているので美味しい飲み物を開発するのは得意な訳です。

野菜不足を解消するだけでは満足できない!

美味しく飲める青汁を長い間探していた!

そんな青汁愛好者にお勧めなのがサントリーウエルネスの「極みの青汁」だという事です。